おいしく&健康 たべもの情報サイト
たべものがたり イイこと通信
アピタ・ユニー・ラフーズコア・ユーストア
ホーム レシピ集 旬菜通信 ピックアップ素材 料理の基本
最新情報 バックナンバー
四季を感じることのできる日本だからこそ、四季を感じる旬の食材を楽しみたいもの…
季節に関係なく何でも揃って、つい忘れがちな旬の食材をあらためてご紹介します!簡単レシピもあります。

9月
■大豆
■松茸
■さつまいも
■しいたけ
■ししとう
■しそ
■マッシュルーム
■かぼちゃ
■戻りガツオ
■サケ
■はまち
■りんご
■栗
■かぼす
■ぶどう
▼素材別の便利なレシピの
  バックナンバーはこちらから
果物 野菜 魚介類
肉 デザート その他
大豆
大豆

プロフィール
大いなる豆と書いて大豆。数ある豆の中でも、大豆ほど日本人の食生活に密接につながっている食材はないでしょうね。味噌、しょうゆ、納豆、そして豆腐と、日本の代表的な食材は大豆からつくられているのです。タンパク質をはじめ、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、多くの栄養素を含む大豆は、畑の牛肉という別名もあるほど。昔から健康食品として知られています。

旬の期間
乾燥大豆は日の当たらない暗所で保存する。水煮缶詰も同様で、なるべく温度が変わらない暗所で保存する。

見分け方
変色しておらず、粒の大きさがそろっている物を選ぶ。

お料理ひとくちメモ
〜大豆のメキシカン〜
メキシカンフードでよくある「豆とトマトの煮込み」を大豆でつくってみましょう。乾燥大豆は水に半日ふやかしてやわらかくします。大豆の水をきり、鍋に入れ、ツナ缶を加えて、ひたひたになる程度の水を足します。煮立ったら塩こしょうで味付けし、乾燥ハーブとチキンコンソメの顆粒を適量加え、隠し味にしょうゆを一滴、最後にトマトを角切りにして加え、約20分煮れば完成です。
  ページの上へ戻る
 
 
松茸
松茸

プロフィール
香りが命と言われる山のダイヤ・松茸。バイオ技術がこれほど発達しても、松茸はいまだに天然食材で、人工栽培が出来ないのです。赤松の根元に繁殖する松茸は、日本での収穫量が減ってしまったため、最近では中国・韓国やカナダ・アメリカなど、海外からの輸入物が増えました。国産にはかなわないと言うものの、輸入物も新鮮なうちに食せば、ナカナカの味と香りですヨ。

旬の期間
9月上旬〜11月上旬

見分け方
傘の裏のヒダ部分が真っ白で、柄が太い物を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
なによりも香りを味わうのが松茸です。香りまで流してしまわないように、水では洗い流さないようにしましょう。買ってきたらすぐに、濡れた布巾などでふきあげるように土をよく落とし、香りが逃げないように一本ずつアルミホイルでしっかり包みます。その日のうちに食べる場合は冷蔵庫へ、その日以後に食べる場合は冷凍保存します。魚焼きグリルやガスの直火で、ホイルに包んだまま焼き、食卓でホイルを開ければ、一瞬にして松茸の香りを楽しめますよ。松茸を手で縦に割き、仕上げはスダチと醤油をたらり!ちなみに傘がある程度開いた中間のものが、最も香りが高く食べ頃です。

  ページの上へ戻る
 
 
さつまいも
さつまいも

プロフィール
ビタミンCやミネラル、そして食物繊維を多く含むので、胃腸の働きを強め、消化器系を丈夫にしてくれます。最近ではベータカロチンプロテアーゼ阻害物質が肺ガン予防に役立つことが話題になっています。バランスの良い栄養食として、宇宙食にも適応しているのではないかと有望されているそうですヨ。

旬の期間
8月〜10月

見分け方
皮の色が鮮やかで色むらがない物を選ぶ。デコボコや傷のある物は避ける。


お料理ひとくちメモ
さつまいもの栄養を思いきり摂取したい!という人にオススメなのは、皮と一緒に丸ごと食べることデス。アルミホイルに包んでオーブントースターで10分〜15分焼けば、カンタン焼き芋に。醤油とお砂糖でうす甘く煮る時は、ショウガのしぼり汁を加えれば消化器系の強化になります。またレモンとお砂糖で甘酸っぱく煮れば消化器機能が高まりますよ。青魚の塩焼きなどの付け合わせにもよく合います。

さつま芋ときのこの黒こしょう雑炊
薩摩芋とラフランスのヨーグルト和え
  さつま芋とひじきの洋風和え

  ページの上へ戻る
 
 
しゃこ
しそ

プロフィール
低カロリーで、ミネラル・食物繊維が豊富なしいたけは、あらゆる効果があることで知られ、健康野菜として年々人気が高まっています。生活習慣病や便秘などの症状に、また、抗ガン作用や血圧降下作用やコレステロールを下げる作用などがあると言われています。生しいたけは煮ても焼いても美味しく、乾燥しいたけは水でもどしたら、その戻し汁も煮汁などに使えます。

旬の期間
生しいたけはビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存する。乾しいたけは、密封容器に入れ、乾燥剤などを入れて保存する。

見分け方
カサがあまり開いておらず、肉厚な物を選ぶ。乾しいたけでは、カサの裏側が黄色っぽいものが良い。


お料理ひとくちメモ
〜究極のしいたけステーキ〜
なるべく肉厚の生しいたけを購入。最近は衛生状態がとても良いので、キノコ類は水で洗わないように。水で流すと旨味も香りも逃げてしまうためです。しいたけはガクをとり、ガクは半分にカットします。フライパンに薄く油を引いて、しいたけの裏を上にして、超弱火で焼きます。ガクも一緒に焼き、蓋をします。約5〜6分蒸し焼きにすると、しいたけの裏側にしいたけの水分が出てきます。裏側にびっしりと水分が出てきたら、火をとめてお皿の上へ。決してしいたけはひっくり返しません。この水分がしいたけの旨味なのです。好みで上から塩か醤油をたらし、この水分を逃さないようにできればひと口で食べてしまいます。しいたけの香りと旨味がぎゅっと閉じこめられた究極のステーキです。


  ページの上へ戻る
 
 
ししとう
ししとう

プロフィール
先端が獅子の頭に似ていることから、この名前が付けられたそうです。免疫機能を高めて、疲労回復させてくれるので、夏バテにはピッタリの野菜です。細胞の老化を防ぐカロチン、ダイエット効果があると言われるカプサイシン、塩分バランスの調整や利尿作用のあるカリウム、整腸作用のある食物繊維などを多く含みます。中の種も食べられるので、まるごと焼いたり煮たりでき、便利な野菜です。

旬の期間
7月〜9月

見分け方
緑色が濃く鮮やかで、小さめの物を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
〜かんたん酒の肴〜
ししとうは、つまようじで数カ所の穴を開けておきます。魚焼きグリルに水をはり、ししとうを並べて、3分ほど裏返しながら弱火で焼きます。全体に火が通ったら、お皿に並べてお醤油をたらり、上からかつおぶしをパッとかければ、チョ〜簡単なお酒のおつまみの出来上がりです。「な〜んにもない」時の急場しのぎのビールのお供に、いかがですか?


  ページの上へ戻る
 
 
しそ
しそ

プロフィール
日本のハーブの代表選手とも言うべき香草がしそ。一年中出回っていますが、夏が旬なので、今の季節が盛りです。(梅干しを漬ける時に使う赤紫蘇は6月が旬)昔からお刺身のツマになっていることからもわかるように、強力な殺菌効果があると言われています。最近では抗アレルギー効果も話題になってきており、ミネラルやビタミンを多く含む健康食材のひとつです。

旬の期間
7月〜9月

見分け方
葉がみずみずしく香りが良く、小振りの物を選ぶ。乾燥していたり、切り口が変色した物はNG。


お料理ひとくちメモ
〜しその味噌漬け〜
しそは大量に30枚程度を購入し、水気をしっかりとってからせん切りにします。味噌・醤油・みりん・酒を好きな分量で混ぜ合わせ、しそを漬け込みます。冷蔵庫で保存しますが、数日に一度はしそから出てきた水分をティッシュなどで拭き取っていれば、一ヶ月はもちます。これをご飯の上にのせたり、お茶漬けにしたり、そのままお酒のおつまみにしてもOK。気軽に出来るお漬け物です。


  ページの上へ戻る
 
 
マッシュルーム
マッシュルーム

プロフィール
西洋マツタケとも呼ばれ、ヨーロッパをはじめとして、世界中で食されているキノコです。ビタミンB2・必須アミノ酸・無機成分を多く含み、白色種と褐色種があります。白色種に比べると褐色種の方が香りも高く、コクはあります。白色種は褐色種に比べるとさっぱりした味わいで、どんな食材とも相性が良いので調理しやすい種類です。どちらもキズをつけるとすぐに変色してしまうので、酢水にすけながらまわし洗いをします。生で食べる時は酢水で洗った後にレモンをかけておくと変色しません。

旬の期間
9月〜10月と4月〜5月


見分け方
表面にキズがなく、カサが締まっている物を選ぶ。


〜生マッシュルームとアーモンドのサラダ〜
フレッシュのマッシュルームは、ナッツ系との相性が抜群です。マッシュルームは、酢水でまわり洗いし、スライスしてレモンをふりかけます。水洗いしたレタスをちぎってお皿に盛り、上からマッシュルームとアーモンドスライスをのせます。そしてドレッシングは市販の缶詰クリームスープを牛乳で少しのばした物。マッシュルーム・アーモンド・クリームの三位一体の味わいは、子供達にもきっとウケルはず。ビールやシャンパンのお供にもピッタリです。


  ページの上へ戻る
 
 
かぼちゃ
かぼちゃ

プロフィール
ほくほくした甘みが特徴の野菜で、あのオレンジ色はカロチンをたっぷり含んでいる証拠です。粘膜を強くしたり、風邪を予防したり、活性酸素を取り除く効果があると言われています。アメリカではハロウィーンのモチーフの野菜として、日本では冬至に食べる野菜として知られています。かぼちゃの甘みは独特なので、調理する時は他の野菜と比べて、少し砂糖を控えめにするといいですよ。

旬の期間
ホールのままなら冷蔵庫に入れておけば長期保存が可能です。カットされた物は、ワタや種が腐りやすいので、取り除いてからラップして保存してください。

見分け方
カットされている物はオレンジ色が濃い物を選ぶ。ホールの場合は持ってみて重い感じがする物を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
かぼちゃは完熟したものほど皮が固くなります。皮が固くてカットしにくいのは美味しい証拠というわけです。なるべく新鮮でカットされた物を必要に応じて買うのがベターかもしれないですね。ホールで買ってきたら、レンジで2〜3分加熱してみてください。全体にやわらかくなってカットしやすくなるはずです。カットしたら、中のワタと種を取り除くことをお忘れなく。また、あの固い皮の部分にも栄養はたっぷり詰まっているので、皮も残して調理するのがポイントのひとつです。種にも栄養があるのがかぼちゃの特徴です。種だけ取り除いたら、フライパンで弱火でじっくり煎ってみてください。香ばしく乾燥してきたら、かぼちゃの種せんべいの出来上がりです。お子様のおやつにピッタリですよ。


  ページの上へ戻る
 
 
戻りカツオ
戻りカツオ

プロフィール
回遊魚であるカツオは、関東では春から初夏、関西では秋に重宝されます。北の海でたっぷり栄養をとり産卵のため南下する晩夏から初秋が戻りカツオと呼ばれ、脂がたっぷりのってコクのある味わいです。ビタミン類を豊富に含み、特に血合いは鉄分やタンパク質を含み、動脈硬化や視力低下、貧血などに効能があります。

旬の期間
8月〜10月

見分け方
えらが鮮やかな赤色の物を選ぶ。茶褐色に変色している物は鮮度の悪いのでNG。


お料理ひとくちメモ
〜カツオのヅケ丼にんにくチップのっけ〜
なんと言ってもコクのある旨みが戻りカツオの特徴なので、その旨みを存分に堪能する一品をご紹介します。カツオはひと口大に切り、醤油がからむ程度に10分ほど漬けこみます。炊きたてのご飯の上にシソをのせ、その上からヅケにしたカツオを敷いて、上に白ごまとニンニクチップをのせれば完成!お子様用には、醤油に少しみりんを足して漬けると食べやすくなります。戻りカツオは香りも味も濃いので、ニンニクやごまと味を引き立て合って、絶妙のコンビネーションです。

  かつおと春菊の香味和え てこね寿司
かつおの磯和え かつおの共揚げ
  かつおしょうゆ漬けごはん  

  ページの上へ戻る
 
 
サケ
さけ

プロフィール
サケは産卵のため、秋になると自分が生まれ育った川に戻ってきます。体に栄養がたっぷりとついているため、川に戻る直前に収穫された秋サケは、脂ののった美味しさが味わえるというわけです。タンパク質が豊富で、最近話題のHAやEPAを多く含み、成人病予防や記憶能力アップ効果も期待できます。

旬の期間
9月〜10月

見分け方
赤色が鮮やかな物を選ぶ。赤い色が濃いほど脂がのっている証拠。



お料理ひとくちメモ
サケの皮は、固くてヌルヌルしているため、焼いても煮ても、食べ残す人がほとんどではないでしょうか。でも、実はこの皮の部分にたんぱく質の一種・コラーゲンが豊富に含まれています。ご存じのごとく、コラーゲンは細胞の代謝を活性化させ、美肌効果もありますよね!サケに含まれるコラーゲンは、アレルギー性がなく保水性も強いのです。皮付きのまま焼き、焼き上がったら皮だけをカットして、少し塩をふり、オーブントースターへ。パリパリのおせんべいのようになったら、おつまみ感覚で食べられますよ!

  鮭ときのこの炊き込みご飯 鮭と野菜の南蛮漬け
サーモンの巻きちらし サーモンのレモン包み焼き
  鮭のマヨちゃんちゃん焼き 魚のエコダレがけ
  サーモンの冷製マヨパスタ 秋鮭の和風ソテー
  秋鮭のスパイシーピラフ サーモンとキュウリのマリネ
  三平汁 鮭の和風シチュー
  サーモンパイ 血液さらさらサラダ
  サーモンのマヨネーズグラタン

  ページの上へ戻る
 
 
はまち
はまち

プロフィール
成長漁であるブリの若魚で、4kg前後の大きさの物を「はまち」と呼びます。EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が豊富で、数ある魚の中でも、その含有量は抜きんでていると言われています。共に中性脂肪や血中コレステロールを下げる効果があるとされており、血栓症や高血圧予防にもなるようですね。お刺身はもちろん、塩焼きや照焼にしても美味しいコクのある味です。ただし、酸化しやすいのが弱点なので、揚げ物にはあまり向いていないようです。

旬の期間
なるべく購入した日に食べるのがベター。数日以上保存する場合は、塩をふるか味噌漬けにして、ペーパーにくるみラップして冷蔵庫に。

見分け方
切り身なら、切り口が鮮やかで、血合いが濃紅色の物を選ぶ。鮮魚なら、目が透き通り、えらが鮮紅色を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
〜はまちの中華風お刺身〜
はまちのように脂がのっている魚のお刺身には中華風がよく合います。はまちは一口大にカット、その上にせん切りにしたみょうが・しそ・三つ葉などの香味野菜をのせ、醤油2・みりん1をかけまわす。ニンニクのスライスを弱火でごま油で加熱し、火が通ったらお刺身の上に。さらにフライパンで煙が出るまで熱したごま油を、最後に上からかければ出来上がりです。香りの豊かな中華風お刺身は、残暑きびしい夏の食卓をにぎやかにしてくれますよ。


  ページの上へ戻る
 
 
リンゴ
りんご

プロフィール
食物繊維が豊富で、腸の働きを活発にしてくれるので、便秘などに効果があります。消化も良く血行を促してくれ、血圧を下げる効果も期待できます。風邪をひいた時にすりおろしたりんごを食べるのは、胃にやさしく腸を整えてくれるから、というワケです。ただしすりおろす時は金属のおろし金はNG。リンゴの成分が変質してしまうので気を付けましょう。

旬の期間
8月〜11月

見分け方
色の濃い物ほど甘みが強く味も濃い。お尻が黄色がかっている物を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
朝食に摂るフルーツとしては、リンゴが一番適任かもしれませんね。酸味と甘みのバランスが程良いので、朝食べるにはちょうど良いさっぱり度合い。変色を防ぐために塩水に漬けると言いますが、お弁当に入れる場合はオススメの方法ですが、どうしてもほんのり塩味が気になることがあります。朝食で食べるのなら、切ってから20分ほどは色が変わらないので、できればカットしたてのリンゴを食べてもらいたいですね。ヨーグルトと一緒にデザートとして、またはサラダの中に小さく刻む、時にはフルーツ味のクリームチーズをはさむなど、出し方に少し変化を持たせれば、飽きずに食べてもらえるフルーツです。


  ページの上へ戻る
 
 
栗

プロフィール
ビタミンB1やビタミンCを多く含み、胃腸を丈夫にする働きがあります。筋肉や骨を丈夫にするとも言われ、腰や膝を強くする効果もあるようです。特に栗の渋皮に含まれるタンニンは、抗ガン物質として注目を集めています。

旬の期間
9月〜11月

見分け方
皮にツヤがあって、持ってみて重いと感じる物を選ぶ。


お料理ひとくちメモ
〜栗のクリームスープ〜
渋皮も一緒に食べてしまえるレシピのご紹介です。栗は皮ごと蒸します。熱いうちに皮を剥き、渋皮がついたまま、スープの素を溶いた水と一緒にミキサーへ。(フードプロセッサーがあればその方がベター)同量の牛乳を加えてさらに混ぜ、塩で味を調えれば完成です。食卓にお出しする直前に生クリームをたらり。栗の甘みと渋皮の渋み、それにクリームの濃厚さが加わって、コクのある個性派スープが出来上がります。


  ページの上へ戻る
 
 
かぼす
かぼす

プロフィール
ビタミンCを多く含むかぼすには、含まれている酸の種類も多く、中でも特にクエン酸の含有量は他の柑橘系と比較すると圧倒的に多く含んでいます。血液を浄化させ、新陳代謝を盛んにするアルカリ性食品として注目を集めている食材です。まろやかな酸味と独特の香りが特徴で、絞ってジュースにしたり、料理の味付けのアクセントに使いますね。秋が旬なので、これから収穫シーズンを迎え、緑色の美しい果実が出荷されます。他の柑橘系と違って、かぼすの皮には苦みがないので、皮ごと利用することもできるのだそうです。

旬の期間
9月〜11月


見分け方
緑色が濃く光沢があって張りのある物を選ぶ。


調理のポイント
〜かぼすを使った自家製ポン酢〜
旬のかぼすが手に入ったら、自家製ポン酢を作ってみませんか?この時期だけの香りは、なによりも贅沢なご馳走ですね。かぼすは絞り器で絞り、種を取り除きます。かぼすのジュースの量を1とすると、醤油1・米酢1・みりん少々の割合で混ぜます。これを焼き魚にかけたり、お鍋のポン酢にしたり、サラダや冷や奴にかけたり・・・。かぼすの香りはリラックス効果もあると言われているので、絞った後の皮を刻んでポン酢に加えてもいいし、お風呂などに浮かべても気持ちよさそうですね。


  ページの上へ戻る
 
 
ぶどう
しそ

プロフィール
ぶどうは世界中で食べられている果物で、古い記述では紀元前から栽培されていたと言われています。現在日本で栽培されている物は、、ヨーロッパとアメリカの品種を交配したものが主となっており、日本の気候に合わせて工夫されてきました。ぶどうの甘さは、果糖とブドウ糖で、体の中でスピーディーにエネルギーに代わるので、激しいスポーツの後や疲労回復したい時にはピッタリのデザートです。子供が部活などから帰ってきたら、おやつに食べる果物としてはとても適していると言えます。

旬の期間
8月〜10月

見分け方
粒がそろっていて皮にハリがある物を選ぶ。皮の表面の白い粉は、身から自然に出た物なので、なるべく白い粉が均一に出ている物を選ぶとベター。


お料理ひとくちメモ
〜箸休めのひと皿〜
ぶどうは皮をむき、種をとります。大根の上部をすりおろし、ぶどうと混ぜ合わせます。巨峰など色のついた皮の場合は、大根おろしに皮をしぼっておくとほんのり色がつきます。全体にひと振りの塩を加え、後はラップして冷蔵庫へ入れて味をなじませます。おもてなしの時、最後の揚げ物やお肉料理の前に、箸休めのひと皿としてお出しすると、喜ばれますよ〜。



ページの上へ戻る

Copyright (C) UNY Co.,Ltd. All Rights Reserved.