• 2015年05月29日

【アピタネットスーパーの裏側見学】たくさんの気遣いで快適なお買い物

  •  


    ちゃんと新鮮な商品なのかしら?
    配送中に崩れたりしないの?
    どんな仕組みで自宅まで届くの?

    そんなみなさまの疑問にお答えすべく、私、大澤パンジーがアピタネットスーパーの裏側をのぞいてきました!

    今回裏側を見せてもらうのはアピタ稲沢店


    アピタ稲沢店、副店長の川岸さん
    アピタネットスーパーは全国で10万人以上の会員の方にご利用頂いております。今日は実際の受注から配達まで、どのように行われているかを見せていただきます!

    注文はリアルタイムで反映!
    さっそく受注を確認!


    お客さまからの注文をオペレーターが朝から専用パソコンで随時確認!注文を受けた商品のピッキングリストを作成し、各売り場担当者に渡して商品のピックアップを依頼します。

    担当者:「注文時に備考欄へ記入いただいた『子ども用に小粒のイチゴを選んで』『トマトは熟れたものがいいわ』などの個別のリクエストも担当者にちゃんとお伝えしています!

    目利きの専門スタッフが
    新鮮なものを売り場から

    ピックアップ!

    注文のピッキングリストを確認しながら、各売り場の専門スタッフが商品をひとつひとつピックアップしていきます。より新鮮な商品をお客さまの元へ届けられるように、しっかり吟味!

    精肉も鮮度と品質を大切にしています!


    鮮度を大切にし、プロの手で加工を行っています。

    魚の加工のリクエストにもお応えします!


    担当者:「『魚を3枚におろして』など、注文時の備考欄のリクエストには、できる限りおこたえできるようにしています!」

    消費期限もきちんとチェックしてからピックアップ!


    牛乳や卵など消費期限があるものはきちんと確認して、余裕があるものをピックアップ。

    野菜はサイズや鮮度をチェックしてから!


    野菜や果物は青果担当の専門スタッフが厳選。鮮度の良さはもちろん、お客さまから「大きめがいい」「小ぶりで」など、サイズの指定があればそれに合わせて選んでいきます。

    商品に合わせて梱包方法も変え、大切に取り扱い


    ピックアップされた商品は厳しく温度管理・衛生管理されたパッキングルームに集められ、梱包作業を開始!
    商品ごとに常温、冷蔵、冷凍に分け、梱包もそれぞれに適した方法で丁寧に行われています。季節やその日の気温によって梱包方法を変えることも。

    担当者:「よりよい状態で安心、安全にお客さまにお届けできるよう工夫しています」

    割れ物は一つひとつ丁寧に梱包


    担当者:「ビン類や卵などの壊れやすい物は、配送途中に割れたりキズがついたりしないよう厳重に梱包していきます。また商品によって梱包素材も変えています」

    葉物野菜など傷みやすい野菜は保冷ボックスで鮮度をキープ!



    洗剤などは香りが移らないように配慮


    担当者:「柔軟剤や洗剤などは食品に香りが移ったりしないよう、袋を2重にしています」

    お肉や魚は保冷ボックスでお客さまの元へ!注文の商品がちゃんと揃っているか、念入りにチェック!



    梱包完了!



    梱包した商品を大切に車に積み込んで、いざ出発!


    女性の1人暮らしでも安心していただけるよう、配達スタッフは女性ドライバーが中心です。
    担当:「『赤ちゃんがいるので、チャイムは鳴らさないで』など、配達時の要望もぜひ備考欄にご記入くださいね!


    このアピタネットスーパー専用車でお届けにあがりまーす!


    見学を終えて…

    たくさんの心遣いで安全・安心のお買い物を実現!
    ネットスーパーをお客さまに安心して快適に利用していただけるよう、お客さまが店頭でお買い物するのと変わらない鮮度や品揃えを実現するための工夫や努力が、このアピタネットスーパーを支えているんですね!
    稲沢店のみなさん、ありがとうございました!