• 2015年03月03日

素材は空気!?使うたびに“ちょっとシアワセ♪” ずっとふわふわ魔法のタオル「エアーかおるタオル」

  • 素材に空気!?を使う世界初の技術で完成した魔法のタオル
    素材に空気を使う…どういうこと?と、思いますが、実際にこのタオルに使われる糸の撚糸(糸をよる工程)の技術を知ると、なるほど! と思わされます。
    こちらがエアーかおるタオルに使われる糸づくりのイメージ動画。
    糸の間に空気の隙間を作る世界初の撚糸技術によって、いままでにない使い心地のタオルが完成しました。この技術、開発したのは岐阜県の撚糸会社。つまり、メイド イン ジャパン。撚糸からこだわって、その繊細な肌触りと機能性を追求する姿勢はまさに日本の古くからの職人気質のたまもの。こうした長く使うことのできる上質な日用品は、忙しい毎日のくらしの中に丁寧な時間と心の余裕をつくってくれる気がします。
     
     
    実験で分かるエアーかおるタオルのココがスゴイ!!
    動画をみれば一目瞭然!!エアーかおるタオルってやっぱりすごいんです。
    【ここがスゴイ!】
    糸を構成するファイバー(わた)1本1本の間に空気の隙間ができているのがわかります。

    【ここがスゴイ!】
    右がエアーかおるタオル。同じ重さなのに、ボリュームがこんなに違うんです。

     
    エアーかおるタオルとのくらしで“ちょっとシアワセ♪”
    何度も洗って、毎日使うのが楽しくなりそうなエアーかおるタオル。
    デイジーラボでは“ちょっとシアワセ♪”を感じられる、こんなエアーかおるタオルとのくらしをご提案します。
     
    ドライヤーの使用時間を減らしてダメージヘア対策
    自然乾燥もドライヤーのかけすぎもダメージヘアの原因に。エアーかおるなら、その吸水性でドライヤーの使用時間が短くなります。
     
    お風呂上りの重いバスタオルにさよならしよう
    お風呂上りに体を拭いていて手が疲れること、ありませんか?
    エアーかおるは同じボリュームの普通のタオルと比べると半分の重さ。大きなバスタオルでも軽々とあつかえるのは、意外とウレシイ気がします。


    喘息持ちのお子さんに
    毛羽落ちが非常に少ないので、タオルから脱毛したコットンの繊維が鼻や口から呼吸器に入る危険が軽減されます。みんなが安心して使えるタオルはうれしいですね。

    赤ちゃんのデリケートな肌に
    水分がエアーかおるのパイルに触れたとたん、スッと空気の隙間に吸収されるから、肌をこする必要がなく、デリケートな赤ちゃんの肌を傷つけません。もちろん、わたしたちの肌にもやさしい使い心地です。

    大切につくられたものを大切に長く使おう
    大切につくられたタオルだから、できるだけ長く使ってあげたい。ちょっとしたお手入れが長く使えるコツになります。
    ・糸が伸びてしまったら、伸びた糸をカット
    ・フックやボタン、ファスナーがついているものと一緒に洗濯するときはネットを使う
    ・柔軟剤は使用しないか、なるべく少量で
    ・柔らかく仕上げるために、2~3回軽く振ってから干す
    ・風通しの良い日陰干しがベスト