おいしく&健康 たべもの情報サイト
たべものがたり イイこと通信
アピタ・ユニー・ラフーズコア・ユーストア
ホーム レシピ集 旬彩通信 ピックアップ素材 料理の基本
旬彩通信 最新情報 バックナンバー
季節をより感じることのできるように、旬の情報をお届けします♪
楽しみながら季節を取り入れるって素敵じゃないですか?

6月 June 父の日と梅雨
<今月の主な歳時記>
5日 世界環境デー 21日 夏至
10日 時の記念日 梅雨
18日 父の日 

■ 夏至の日は冷蔵庫の日、ご存じでしたか?
今年の夏至は6月21日水曜日です。夏至とは、北半球では、昼が最も長く、夜が最も短くなる日のこと。梅雨前線や夏台風がやって来ることも多く、湿気と気温が上がり始めることから、昔から夏至をきっかけにして食べ物が傷みやすい季節だということを知らせる役目もあったようです。ちなみに、日本電機工業会が1985年に夏至を「冷蔵庫の日」と制定しています。暑い夏がやって来る前に冷蔵庫の点検をしようというものです。
冷凍室の自動霜取り機能のない冷蔵庫では、この時期に霜取りをして冷却能力が落ちないようにするとか、調味料が冷蔵庫内でこぼれていないかどうかチェックしましょう。アルコールで庫内を拭くだけで雑菌繁殖を抑えますよ。冷蔵庫の中は大丈夫!と安心している人、要注意です。野菜室の奥に古い野菜がないかチェックしたり、菌が付きやすい肉類はビニール袋に入れて保存するなど、細かな気配りが必要な季節です。
食欲減を克服する献立づくりのコツとは!?
夏に採れる野菜や魚類は体を元気にしてくれる働きがあり、昔はそんな食材を中心にして夏の献立がつくられていました。夏野菜のナス・トマト・キュウリ・かぼちゃ、魚ではうなぎが昔から夏の強壮剤として有名でした。最近健康ブームで話題になっているゴマやごーやも、夏バテ防止には効果のある食材です。また、食材が傷みやすい季節でもあるので、ショウガや梅など殺菌効果のある物を味付けにいかしたり、しょうゆに漬け込んで保存するなど、気配りしていきたいですね。
カラフルな食卓づくりに心がける!
夏の野菜は原色が多いので、カラフルな食卓となり、視覚効果バツグンです。トーンの暗い献立よりもカラフルな物の方が食欲を促すという実験結果があります。さらに色々な色の野菜をバランスが良く取ると、実際の栄養素もバランスよく取れるのですよ!赤はトマトやニンジン、緑はキュウリやピーマン、青はナス、黄はかぼちゃ、白はたまねぎを目安にしてみてはいかがですか!?
 
  いつも頑張ってるお父さんには、健康でいて欲しいですね!  
 
さて、もうすぐ父の日がやってきます。いつもお仕事を頑張ってくれているお父さんに、今年はどんなプレゼントにしますか?健康に気配りした食卓で、お酢を使ったメニューづくりに挑戦してみてはいかがですか?お肉にも野菜にも、意外にマッチするお酢の味わいを試してみてください。男性はお酢の強い酸味が苦手な人が多いようです。そんなお父さんには、お酢に必ず火を入れて、すっぱみを飛ばしてあげるといいでしょう。また、黒酢を使って味にコクを出し、砂糖やみりんで甘みをプラスすると、お酢が苦手な方でも食べやすくなります。健康に気配りしているというアナタの気持ちに、お父さんはきっと喜んでくれますよ!



ページの上へ戻る

Copyright (C) UNY Co.,Ltd. All Rights Reserved.